貧困、虐待、ネグレクト、DV、いじめ、性的搾取、薬物依存、育児ノイローゼ…社会の抱える様々な問題に苦しみ、生きづらさを抱える少女や若い女性たち―自分の苦しさの原因が何であるのかも分からず、心に小さなSOSを抱えながら生きる彼女たち。
一見すると豊かな日本社会では、そんな彼女たちの「生きにくい」現状やその問題に対して、多くの偏見や誤解があり、十分な支援がなされていません。若草プロジェクトは、SOSを心に抱えた少女や若い女性たちと、彼女たちを支援する人たち(支援者)とをつなげ、彼女たちの心に寄添う支援を届けます。

代表理事ご挨拶

代表 大谷恭子

「少女たちが社会を変える」―これは2011年、国連が毎年10月11日を「国際Girl`s Day」と決めた時のスローガンです。少女たちは「子ども」であることに加え、「女性」であることから、経済的、社会的、文化的な理由により、貧困、社会的因習、(性)暴力などにさらされ、人権と尊厳のみならず生命すらも軽んじられています。少女たちの教育とエンパワーメントを推進し、一人一人が自分の人生の主人公となれるよう、世界各地で少女たちが自ら声をあげ、社会がこれを応援する取り組みが始まりました。その主旨に心から賛同し、未来への希望を感じます。

「Little Women」――ルイーザ・メイ・オルコットの小説「若草物語」の原題です。子どもから少女、そして大人の女性へと芽吹き成長していく多感で不安定な年ごろの4姉妹を描いた小説です。4姉妹は、「Little Women(小さな女性たち)」と敬愛を込めて呼ばれています。経済的、社会的に安定している日本のような先進国でも、「小さな女性たち」は社会的制約、困窮、いじめ、虐待、性的暴力や搾取など様々な困難に直面しています。私たちはそんな「小さな女性たち」の人権と尊厳を護り、誰も取り残さず、その「一人一人に寄添うこと」をミッションとし、困難な中にいる少女や若い女性たちを支援する為に2016年4月に、このプロジェクトを立ち上げました。

「若草プロジェクト」――オルコットが象徴とした「Little Women=若草」から、私たちも、彼女たちに敬愛を込めてこの名前を決めました。緑豊かな草原はもとより、どんな荒地にあっても必ずやその1本1本の若草が、それぞれの場所で根を下ろし強く生きていってくれること、どんなに小さくてもそれぞれの花をつけてくれることを心から願い、信頼される大人として熱意と誠意を持って活動していきたいと思っています。

一般社団法人 若草プロジェクト 代表理事 大谷恭子

若草プロジェクトのマークはこんなメッセージを発信しています

若草プロジェクトマーク

つながり、つなぐことにより、少女や若い女性たちの心に寄添う支援を届け、未来を育む。

若草プロジェクトの3つの事業

つなぐ

生きづらさを抱えた少女や若い女性たちと支援者をつなぎ、支援者と支援者、支援の現場と企業や社会をつなぎます。

  • 活動の状況
まなぶ

生きづらさを抱えた少女や若い女性たちの現状を理解し、複雑かつ複合的でデリケートな問題についての支援の方法を学ぶため、連続研修会を実施します。また、支援者のためのマニュアルを発行しています。

  • 活動の状況
ひろめる

少女や若い女性たちの問題の深刻さは、あまり社会で認知されていません。家出や援助交際、JKビジネスなどでは「自己責任」「モラルの低さ」が言われて、その背後にある貧困や虐待、性暴力、性搾取の罠などが見過ごされがちです。このため、シンポジウムや広報活動により、社会に広くこの問題を訴えます。

  • 活動の状況

事業報告書

2018年度事業報告書-概要

若草プロジェクトは、2018年度に実質的に発足3年目となり、継続して実施している事業に加えて、若草ハウスの開設、若草メディカルサポート基金の設立などを新たに進めました。
「つなぐ」「まなぶ」「ひろめる」の3つの柱について活動の概要をみると、「つなぐ」については、引き続きLINEによる相談活動を(NPO)bondプロジェクトに委託して行うとともに、シェルター、ステップハウス、シェアハウスの機能を併せ持つ「若草ハウス」を都内に建設し、運用を開始しました。また、前年度に締結した(株)ファーストリテイリングとの協定に基づき、全国のシェルターや自立援助ホーム等へのユニクロの肌着の寄付、Theory主催のファッションイベントへの招待等を実施するとともに、全国の施設に医療支援を行う若草メディカルサポート基金を企業からの寄付を原資に創設しました。
「まなぶ」については、「『女の子たちの今』を知り『信頼される大人』になるための連続講座」を、第7回「少女たちの居場所に求められるもの」、第8回「少女たちの心理について」の2回開催しました。
「ひろめる」については10月に設立3周年シンポジウムを東京で開催したほか、代表呼び掛け人を中心にマスコミ等に対してさまざまな発信を行いました。

2017年度事業報告書-概要

若草プロジェクトは2016年3月に設立、同年4月にキックオフ研修会を京都の寂庵で開催し、事業をスタートさせました。2017 年度も、2016 年度に引き続き、「つなぐ」「まなぶ」「ひろめる」を3つの柱として実施してきました。
「つなぐ」については、LINEによる相談活動を(NPO)bond プロジェクトに委託して週3 回行っています。
「まなぶ」については、連続研修会を3 回開催しました。また、2016年度に作成した共生社会を創る愛の基金と協働で支援者のためのマニュアルにつき、改訂作業も行いました。
「ひろめる」については10月に二周年記念シンポジウムを開催したほか、代表呼び掛け人を中心にマスコミ等に対してさまざまな発信を行いました。更に、2017年度は、企業とのコラボレーションを企画・運営する機会も得ることができました。今後は、少女と企業を「つなぐ」活動も視野に展開していきたいと考えております。
二年目も、ボランティアスタッフが中心で活動していることもあり、体制面等で多くの脆弱性は完全に解消されていない面もありますが、3つの柱それぞれについて、一定程度の実績を挙げることができました。今後は、生きづらさを抱えた若年女性たちの問題により具体的にアプローチできるよう、今行っている取り組みを継続しつつ、新しい取り組みにも目を向けていきます。

> 2017年度事業報告書は、こちらからダウンロードできます

2016年度事業報告書-概要

事業については、理事及び(会員)有志を中心として、趣旨に賛同する若手ボランティアの協力を得て進めてきました。また、代表呼び掛け人がさまざまな場で事業の趣旨等について発信するとともに、呼び掛け人の方々にも事業の広報等に多大なご協力をいただきました。
事業は「つなぐ」「まなぶ」「ひろめる」を 3 つの柱として実施しました。
「つなぐ」については、LINE による相談活動を(NPO)bond プロジェクトに委託して 8 月末に開始しました。
「まなぶ」については、連続研修会を 3 回(2017 年度に入って最後の 1 回を開催予定)開催したほか、共生社会を創る愛の基金と協働で支援者のためのマニュアルを作成しました。
「ひろめる」については 10 月に設立記念シンポジウムを開催したほか、代表呼び掛け人を中心にマスコミ等に対してさまざまな発信を行ってきました。
実質初年度であったため、体制面等で多くの脆弱性を抱えながらの事業展開でありましたが、3 つの柱それぞれについて、一定程度の実績を挙げることができました。また、生きづらさを抱えた若年女性たちの問題の認知度の向上に貢献することができました。

> 2016年度事業報告書は、こちらからダウンロードできます。
> 2016年度決算報告書は、こちらからダウンロードできます。

法人情報

代表理事 大谷恭子 弁護士・日本女子大学非常勤講師
理事 村木太郎 (社福) 南高愛隣会理事・(NPO) ストローク会理事長他いくつかの団体で障害者支援を中心に活動
理事 遠藤智子 (一社) 社会的包摂サポートセンター事務局長
理事 瀬尾まなほ 瀬戸内寂聴秘書・京都外国語大学卒業後2011年より66歳離れた瀬戸内寂聴のもとで秘書として勤める
理事 牧田 史 弁護士・東京弁護士会子どもの権利と少年法に関する特別委員会等所属
理事 佐藤加奈 社会福祉法人 日本身体障害者団体連合会 事務局次長
理事 佐藤静江 社会福祉士・精神保健福祉士
理事 福田万祐子 福田医院 統括・株式会社ユーコー 代表取締役
監事 塩生朋子 弁護士

住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-6 弓矢四国ビル4階 アリエ法律事務所内