国際女性デーに、ファーストリテイリンググループ各ブランドが女性を応援する取り組みを展開

服のチカラを社会のチカラにー

若草プロジェクトでは「若草×服のチカラ協働プロジェクト」を通してファーストリテイリングさまと共に社会課題に取り組んでおります。

株式会社ファーストリテイリングと、グループブランドのユニクロ、ジーユー、セオリーは、3月8日の国際女性デーに合わせて、さまざまな女性応援施策を展開します。

ファーストリテイリングは、一人ひとりの違いが尊重され、すべての人に挑戦と可能性を広げる機会が平等にある環境こそが、社会をより良く変えていくという考えのもと、社内外でダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容と尊重)の取り組みを推進しています。なかでも、服のビジネスを行う企業として、事業の主要な担い手である女性にとってより良い環境を実現するジェンダー平等の取り組みは、その柱の一つです。お客様やサプライチェーンで働く女性、自社の女性従業員を含む世界中のあらゆる女性たちが、自らの価値観を大切にしながら、自分らしく生きていくことのできる社会の実現に向けて、服の事業を通じた取り組みを進めていきます。

ファーストリテイリンググループの女性支援の主な取り組み

■ UN Womenとのパートナーシップとアパレル産業の女性エンパワーメントに向けた取り組み

ファーストリテイリングは2019年に、UN Women(国連女性機関)とグローバルパートナーシップを締結し、アパレル産業における女性の地位向上に貢献することを目指した取り組みを進めています。ファーストリテイリングの主要生産拠点であるアジアの取引先縫製工場で働く女性を対象に、キャリア形成を支援するプログラムを開発し、2020年にはバングラデシュの工場でパイロットプログラムを実施。工場で働く女性とその同僚や上司の男性合わせて約400名を対象に、女性のエンパワーメントやキャリアアップをサポートするプログラムを提供しました。プログラム参加を経て、夢や新たな目標に向けて自信を得た女性たちの声など、プログラムの詳細と成果を、ユニクロのサステナビリティウェブサイト特設ページ( https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/sustainability/people/diversity/womenempowerment/bangradeshproject/ )で紹介しています。このプログラムは、2021年より対象工場を拡大してファーストリテイリングが独自に運用を開始し、ファーストリテイリンググループの服作りを支える女性たちのキャリアアップをサポートしていきます。

また、3月8日の国際女性デー当日には、米国ニューヨークのグローバル旗艦店ユニクロ5番街店で、UN Womenとの共催によるオンライントークイベントを開催。ユニクロのコラボレーションパートナーであるデザイナーのHana Tajimaさんらをゲストに迎え、“Emerging Stronger – Resilient Women Building Bridges Towards a Better Future”をテーマに、女性の視点からよりよい未来を考えます。

■ 「若草プロジェクト」を通じて、困難な状況に置かれた女性たちを支援

ファーストリテイリングは2016年から、日本国内で困難な状況に置かれた少女や若い女性に寄添い支援する取り組み「若草プロジェクト」をサポートしています。2020年までに、グループブランドのユニクロ、ジーユー、 セオリーが、全国約330の若草プロジェクトの連携施設に対して累計37,000点以上の衣料を寄贈しています。また、ジーユーの「マイレージプログラム」では、お客様が商品の購入などで獲得したマイルの寄付先として任意で選べるパートナー団体のひとつとしても若草プロジェクトを支援しています。

このたび国際女性デーにあわせ、ユニクロ、ジーユー、セオリーは、全国のシェルター(婦人保護施設、自立援助ホーム、子どもシェルターなど)に入居する若い女性たちの自立を支援する取り組みの一環として、3ブランドの衣料計約6,300点を全国85の施設に寄贈します。また、ユニクロ、ジーユーの店舗では、これらの施設に入居する女性・少女を招待してイベントを開催。自分で好きな服を選ぶ体験を楽しんでもらうことで、社会とつながり、自立に向けた一助となることを目指しています。

■ 国際女性デー@UNIQLO TOKYO

ユニクロのグローバル旗艦店UNIQLO TOKYOでは、3月5日から約1か月にわたり、さまざまな女性応援施策を展開します。イタリアでは3月8日に、男性が女性にミモザの花をプレゼントする習慣があることから、これにちなんで3月5日~31日の期間、UNIQLO TOKYOのユニクロ、セオリー、コントワー・デ・コトニエ各ブランドの売り場スタッフが黄色の服を身に着けてお客様をお迎え。店内の各所を黄色の花で飾り、ユニクロをはじめ、ファーストリテイリンググループの女性支援活動もご紹介します。
また、3月8日に、UNIQLO TOKYOで商品を10,000円以上お買い上げいただいた方に、黄色の花をプレゼントします。さらに、3月14日と21日の2回に渡り、国際女性デーを記念したスペシャルトークイベントも開催します。

国際女性デー記念 スペシャルトークイベント 開催概要

■日時: 3月14日(日) 、3月21日(日) 15:00~16:00
■場所: UNIQLO TOKYO 4Fキッズスペース
■対象: オンラインストリーミング配信
※当日、ユニクロ サステナビリティウェブサイトの該当ページ
( https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/sustainability/people/diversity/womenempowerment/covid19womensupport/ )からどなたでも視聴いただけます。

■内容:
3月14日 「Support コロナ禍で女性にどんな影響が?そして何ができるのか。」
- 村木厚子氏 若草プロジェクト 代表よびかけ人(元厚生労働事務次官)
- 福田和代氏 NHK報道局 政経・国際番組部 チーフ・プロデューサー
3月21日 「Inspiration 女性として、起業家として。」 (THEORY Be heard project)
- Joy kids Theater代表 夏海清加氏
- Havary’s代表 矢野玲美氏